仕事の善し悪し

どんな仕事でも、良いところと悪いところがありますが、転職して臨床開発モニターになった人たちは、自分の仕事に対してどんな感想を抱いいているのでしょうか?多くの人は転職して来る特性上、前の仕事と比較する傾向があるようです。

多くの臨床開発モニターが語る仕事の利点は、何といっても深い満足感でしょう。

例えば、ある意見では、新薬開発の最先端にいることが実感でき、5年後10年後の医療の姿を見ることができる環境で働けること、医薬品の開発に関われるので、社会貢献を感じられる、仕事で医師や製薬会社など、知識人と接するので知的好奇心を満たされるといった利点が挙げられています。

また、女性が働きやすい環境であることも大きなポイントです。

そして職場の半分が女性で、性別に関係なく、実力があれば女性でも管理職になれます。

実際に女性の管理職も多く、出産、育児休暇をとってから職場復帰をする女性も多いそうです。

以前看護師をしていた人は、看護師時代はとても忙しく、年末年始やお盆にまとめて休みを取得することは出来きずに、休日は独りで過ごしていたという人もいます。

しかし、臨床開発モニターに転職してからは、土日祝日、年末年始やお盆に長期の休暇を取れるので、楽になったと思う人もいるようです。

また、普段の仕事はキツくても夜勤が無いので、余分なストレスも抱えないそうです。

しかし、一方で残業が多いことがネックとして挙げられています。

人が少ない時は土日でも出社させられ、ノルマはなくても仕事の利益を上げるよう求められることもあるそうです。