臨床開発モニターとは

看護師の間で、いま密かに注目を集めている仕事があります。

それは、CRA(臨床開発モニター)という仕事です。

CRAとは、Clinical Research Associateの略で臨床開発モニター担当者のことです。

一つの医薬品が誕生するまでには、長い時間をかけて研究し開発されます。

その間には実験細胞や動物で、様々なテストを繰り返し、有効性を確認して、しっかりとした安全性も実証しなければなりません。

これらの作業の最後の段階で人を対象に行う試験に「治験」というものがあります。

臨床開発モニターは、この治験が様々な法律やルールを守ってきちんと実施されていることを確認しなければなりません。

さらに、製薬企業と医療機関のスタッフの連絡役となり、ドクターが作成する症例報告書を回収する務めもあります。

仕事としては、医療関係というよりは、製薬会社とやりとりし、普段からスーツを着て仕事をするので、企業色が強いです。

しかし、多くの臨床開発モニターが、自分の仕事にやりがいを感じています。

これには、自分の仕事のひとつひとつが、新薬の開発と関係しているので、患者に貢献していることを実感できるなどの満足感があります。

さらに、自分の努力次第で仕事の質や評価、さらには年収まで上げられる可能性もあります。

仕事中には、様々な職種の人と一緒に仕事をするので、これまで以上に自分の世界も広がります。

そして、自分が携わった医薬品が無事発売された時には大きな達成感があります。

★こちらのサイトもご覧ください⇒CRA(臨床開発モニター)の転職・求人 | Answers(アンサーズ)